PPTP接続しているがページの表示ができない。または遅い

設定したPPTPの接続画面を開き、「接続」ボタンをクリックして、「正常に接続しました」というメッセージが表示されたにも関わらず、ページが表示されない(もしくは表示が著しく遅い)場合があります。

原因その1

ブラウザのプロキシ設定が入っていないことが考えられます.

また、「ウイルスバスター」、「NTTフレッツ・セキュリテイ対策ツール」がインストールされているPCでは、それらの一部機能によりWebページの表示が遅くなる事例が報告されています。

下記の設定を確認してください.

1 ブラウザのプロキシ設定が解除されているか

2「ウイルスバスター」「NTTフレッツ・セキュリテイ対策ツール」がインストールされている場合、ウイルスバスター(2009、2010)もしくはフレッツ・セキュリティ対策ツール利用時にPPTP接続をすると、WEBサイトのブラウジング速度が全体的に遅くなる場合があります.その場合、設定画面のメニュー「有害サイト/迷惑メール対策」の「フィッシング詐欺対策」を「無効」にすると改善することがあります.ただし、本来必要な検出機能が失われてしまいますので、 PPTP接続時以外は必ず「有効」に戻してください.また、「無効」にしている間は、知らない送信者からのメール内のリンクを開くことや、サイトで個人情報を入力をすることは避けてください.

原因その2

特定の一部のサイトが表示出来ない場合があります。
接続先サーバーを変更してお試しください。