Windows設定Shadowsocks

Windows10での解説ですので、Windows8やWindows7の異なるバージョンでは、画面デザインが異なりますが、基本的な操作は同じです。

1.アプリを公式サイトからダウンロードします。2019年4月1日現在、最新のリリース版は、Ver4.1.5になりますので、最新版がリリースされれば、そちらをご利用ください。

ファイル名:Shadowsocks-4.1.5.zip

Shadowsocks公式サイト

2.エクスプローラでダウンロードフォルダを開き、先ほどダウンロードした「v2rayn-core.zip」を選択して右クリックし、メニューの中から「すべて展開」をクリックして任意のフォルダに解凍してください。

3.展開が完了すると「Shadowsocks-4.1.5」のフォルダが作成されます。このフォルダの中に「Shadowsocks」のアプリがありますので、このアプリを選択して右クリックし、メニューの中から「スタートにピン留めする」をクリックします。

4.スタートメニューから「Shadowsocks」を起動させます。Windows Defenderの確認画面が表示されますので、「詳細情報」→「実行」を選んでクリックします。

5.アプリが起動するとタスクトレイにアイコンが表示されます。またサーバーの編集画面が表示されますが、ここでは「キャンセル」をクリックしてください。

6.ブラウザで会員サイトにアクセスして、トップページより「接続」→「shadowsocks」→「各サーバー情報」のページより接続先サーバーを選んで、パソコンの画面にQRコードを表示させます。

7.パソコンの画面にQRコードを表示させた状態で、タスクトレイよりShadowsocksのアイコンを右クリックしてメニューを表示させ、「サーバー」→「画面からQRコードをスキャン」を選んでクリックします。

8.サーバーの編集画面が表示されますので、「OK」をクリックします。

9.接続モードの設定を行います。タクスバーのアイコンを右クリックして、「システムプロキシー」→「全般」を選びます。

10.ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定を確認します。

Windowsのスタートメニューより「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「インターネットオプション」→「接続」タブ→「LAN設定」で下記の画像の通りになっていれば、正常稼働しています。

11.注意事項:パソコンの電源を切る前には、「システムプロキシ」を無効にしてから電源を切ってください。これはWindows起動時の誤動作防止のためです。