V2RayX

  • MacOS high sierraでの例ですので、ご利用の環境に合わせてご参考ください。
  • プロキシーを制御する他のアプリ(Shadowsocksなど)は、起動させない状態で行ってください。

1.アプリをインストールする前に、「システム環境設定」→「ネットワーク」→「詳細」→「プロキシ」の画面で、すべての項目がチェックOFFになっているか確認してください。

2.「Safari」を起動させ、下記のV2RayX公式サイトより、リリースバージョンの「V2RayX.app.zip」を選んでダウンロードします。ブラウザSafariでダウンロードした場合は、ZIPファイルは自動的に解凍され、ダウンロードフォルダーに納められます。

V2RayX公式サイト

 

3.「Finder」でダウンロードフォルダを開き、V2RayXアプリをアプリケーションのフォルダにドラッグ・アンド・ドロップして移動させます。

4.「Finder」でアプリケーションのフォルダを開き、Control キーを押しながらアプリケーションアイコンをクリックして、ショートカットメニューから「開く」を選択します。

Apple公式サイト:macOS Sierra: 開発元が未確認のアプリケーションを開く

5.確認画面が表示されますので、「install」を選んでクリックします。

6.MACマシンのユーザ名とパスワードを入力して「OK」をクリックします。

7.インストールが完了しましたら、会員サイトにアクセスして、設定ファイルをダウンロードします。「TOP」→「接続」→「V2Ray」ページのV2RayX(MacOS)設定ファイルダウンロードをクリックすると設定ファイル(config.json)がダウンロードフォルダにダウンロードされます。

8.アプリが起動するとメニューバーにV2RayXのアイコンが表示されますので、アイコンをクリックしてV2RayXのメニューを開き、「Configure」をクリックします。

9.接続サーバの設定画面が表示されますので、「Import」をクリックします。

10.上記6番でダウンロードした設定ファイル(config.json)を選択して「Open」をクリックします。

11.再度、メニューバーよりV2RayXのアイコンをクリックしてV2RayXのメニューを開き、接続方式を「Global Mode」を選びます。

12.再度、メニューバーよりV2RayXのアイコンをクリックしてV2RayXのメニューを開き、「Routing Rule」の中から「all_to_main」をを選びます。

13.再度、メニューバーよりV2RayXのアイコンをクリックしてV2RayXのメニューを開き、「Server」の中から接続先のサーバーをを選びます。

14.再度、メニューバーよりV2RayXのアイコンをクリックしてV2RayXのメニューを開き、「Load core」をクリックします。

15.ブラウザを起動させ、webが表示されるか確認ください。