Windows8設定L2TP

VPN接続の設定方法

1.インターネットに接続していることを確認します。
Windows 8は、今までの操作と異なりますが、デスクトップ画面にするとおおむね、Windows 7の操作と同様に操作できるのでデスクトップ表示で説明します。

2.デスクトップを表示させた状態で画面の右上隅から下にマウスを動すか、右下隅からマウスを上に動かしてメニューバー(「チャーム」と呼んでいる)を表示して「設定」をクリックします。
「チャーム」が表示されない場合は、Windowsキー とCキーを同時に押して表示させて下さい。

3.「コントロールパネル」を選択します。

4.表示された「コントロールパネル」の「ネットワークとインターネット」を選択 します。

5.「ネットワークと共有センター」を選択します。

6.「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択します。

7.「職場に接続します」を選択します。

8.「インターネット接続(VPN)を使用します(I)」を選択 します。

9.以下を入力して「作成(C)」を選択します。

  • インターネットアドレス(I): 接続資料に記載されたサーバーのアドレス
  • 接続先の名前(E): 「VPN 接続」←ご自分がわかりやすい任意の名称を指定します。

10.右のネットワークに「VPN接続」が表示されます。マウスのカーソルを「VPN接続」の上で右クリックします。「接続プロパティの表示」を選択します。

11.「VPN接続のプロパティ」が表示されます。
タブの「全般」表示では、ホスト名に接続資料に記載されたサーバーのアドレスが入力されていることを確認します。

12.「VPN接続のプロパティ」の「セキュリティ」を選択します。

  • 「VPNの種類(T)」:「IPsecを利用したレイヤー2トンネリングプロトコル(L2TP/IPsec)」を選択します。
  •  データの暗号化(D):「暗号化は省略可能」を選択します。
  • 次のプロトコルを許可する:
    ・チャレンジハンドシェイク認証プロトコル(CHAP)
    ・Microsoft CHAP Version 2(MS-CHAP)
    にぞれぞれチェックを付ける

設定が完了したら「OK」をクリックしてデスクトップ画面に戻ります。

13.「詳細設定」ボタンをクリックします。

14.「キー」に事前共有キーの「asiavpn」を入力して「OK」ボタンをクリックして設定を完了します。

VPN接続の接続/切断方法

1.VPN(PPTP)の接続/切断は、 デスクトップ画面下のタスクバーにある通知領域の接続アンテナのアイコンをクリックします。

2.右にネットワークの表示がされますので、VPN接続を選択して「接続(C)」をクリックします。

3.ネットワーク認証が表示されます。メディアセンターのアカウント名とパスワードを入れて「OK」ボタンを押してください。

4.「接続済み」で接続ができた状態です。

5.「接続済み」をクリックすると「切断(D)」ボタンが出ます。

既存のVPN接続の削除方法

1.上記の「VPN接続方法の1.~5.の手順」で「ネットワークと共有センター」の「アダプタの設定変更」を選択します。

2.表示されたVPN接続のアイコンをマウス左クリックして、次に右クリックすると「削除」が表示されます。これを選択して消すことができます。

VPN接続は削除されました。